ブログ

2013年9月 2日 月曜日

うつ病の患者さん

先日、アート鍼灸整骨院にうつ病の患者さんがいらっしゃいました。

初め電話での問い合わせがあったのですが、治療院のドアを開けて入って来た時に、雰囲気を見てこの方だと思いました。
その方は少しは良くなって来ているとのことで、外にやっと出られるようになったとのことでした。
また、本人も良くなりたいとの思いがあるとのことで、自分で問い合わせをしてきたとのことでした。

まずここで大事なことは、自分で良くなりたいと思っているということです。
うつがひどいと良くなりたいとも思わないからです。
本人にもそれは大事なことだと言い、なぜうつになってしまったのかをひたすら聞きました。
人は話をするだけでストレス発散になるので、とにかく何でも話してくださいと伝えました。

私が治療で気を付けていることは、徐々に治療していかないといけないということです。
自律神経が失調していると、反動が起きることがあるからです。

うつの方はだいたい首から背中にかけてガチガチになっています。また、背中には精神状態を落ち着かせるツボがいくつかあるので、まずはほぼ毎日、背中中心に上半身をほぐしていきました。
その後だいぶ治療院に入ってくる表情が変わって来たので、週1回はりをやっていきました。

治療を始めて1か月後、まだ朝は辛いようですが、日中は普通に生活が出来るようになったということで、仕事復帰なさいました。

近年、ストレスを発散出来ない人が増えています。
また、知らず知らずにストレスを受けて溜まっている方が多いようです。
指圧マッサージをされるだけでもストレス発散になるので、ひどくならないうちに是非アート鍼灸整骨院にいらしてください。


投稿者 アート鍼灸整骨院