ホーム > はり治療

はり治療

鍼灸治療

鍼灸治療

■怖くない、痛くない我が国の伝統的な治療法

鍼灸は、「しんきゅう」または「はり・きゅう」と呼ばれ、中国に起源をもつ我が国の伝統的な治療法です。
鍼灸治療の最大の長所は免疫力を含む身体本来の治癒力=生命力を引きあげること。鍼灸には、現代医療に見落とされがちな生命力という人間の原点を見つめた東洋医学思想がかかわっています。

怖い、痛いは鍼灸治療への誤った先入観であり、その効能は、科学的にも証明されています。

■効果のある症状

こり・しびれ・関節痛肩こり・五十肩・寝ちがい・腰痛・座骨神経痛・椎間板ヘルニア・ばね指・腱鞘炎・膝の痛み・ 顔面神経マヒ・肋間神経痛
胃腸障害・内臓障害胃弱・胃炎・肝機能向上・腎機能向上・貧血・糖尿病・食欲不振・過食・十二指腸潰瘍
ストレス不眠症・自律神経失調症・円形脱毛症
アレルギー疾患花粉症・アトピー性皮膚炎
疲労・倦怠感慢性疲労・筋肉痛・眼精疲労・全身倦怠感
婦人科疾患更年期障害・不妊症・逆子・母乳不足・乳腺炎・PMS・子宮内膜症・月経痛・妊娠中毒症・ 流産後の体調不良・育児ノイローゼ・産後うつ病
体脂肪の燃焼ダイエット
その他の疾患風邪・気管支炎・切れ痔・いぼ痔・膀胱炎・突発性難聴・冷え性・肌荒れ・蓄膿症・嗅覚異常・病中、病後、術後の体力増進、健康維持など

治療内容

鍼は、きわめて細いステンレス製の鍼(長さ約40mm~80mm、太さ直径0.17mm~0.33mm)をツボに刺入します。
鍼を刺すときは、合成樹脂製の筒を用い、刺した鍼は一定の刺激を加えてからすぐに抜いてしまう方法と、10~15分間そのままにしておく場合があります。また刺入した鍼に、低周波パルス(きわめて微弱なもの)を通電させるような場合もあります。

ただ、鍼を刺したとき、皮膚の表面ではなく少し身体の奥のほうに、重くてだるい感覚が出てくる場合があります。
これを私たちは「響き」と呼んでいますが、人によって心地よく感じる場合もありますし、鍼治療にともなうよい反応ですので、心配する必要はありません。

鍼治療の流れ

 1  問診…症状や痛み具合、部位、経過、原因等をおたずねします。

 2  脉診(みゃくしん)…脉診とは手首の脈の打ち方で身体の滞っているところを探す診断方法です。それによって、身体の状態を把握し、反応の現れているツボ、より効果的なツボを選び出します。

 3  鍼・灸を行います…うつ伏せになっていただき、鍼の場合、西洋的技法では、肩、背中、腰、その他病状のあるところに行ないます。東洋的技法の場合は、手足と腹の主要なツボに行ないます。灸の場合は、艾(もぐさ)と皮膚の間に空間をつくったり、緩衝材を置いて艾が直接、皮膚に触れないようにします。

 4  2度目の脉診…鍼・灸が終わったら、最後に再び脉診を行ない、正常な状態であることを確認して施術終了です。

当院のこだわり

当院では、「体に優しい鍼治療」をモットーにしており、治療に使用する鍼は直径が髪の毛ほどの細さ。
痛みを訴える患者さんはほとんどおられません。また、ディスポーザブル(使い捨て)鍼を利用しておりますので、衛生面でも安心です。

保健診療+自費診療(30分以上は要予約)

局所(約5分)800円(約2本)
腰とその周辺(約20分)3400円(約8本)
首と肩とその周辺(約25分)4100円(約10本)
眼精疲労鍼・その他(約15分)2900円(約6本)
置き鍼(円皮鍼)1個 150円
置き鍼(皮内鍼)1個 200円

■延長
10分950円
20分1900円
30分2850円(要予約)
40分3800円(要予約)
50分4750円(要予約)

自費診療のみ(40分以上は要予約)

腰とその周辺(約20分)3400円(約8本)
首と肩とその周辺(約25分)4100円(約10本)
眼精疲労鍼・その他(約15分)2900円(約6本)
全身治療〈脈診治療〉(約60分)7000円≪要予約≫
置き鍼(円皮鍼)1個150円
置き鍼(皮内鍼)1個200円

〔はり、きゅう、マッサージ等施設利用助成券〕が使えます

佐倉市、酒々井町、成田市、富里町の〔はり、きゅう、マッサージ等施設利用助成券〕を当院でお使いいただけます。有効期限をご確認のうえ、当院の鍼灸、マッサージで、健康の増進を図ってください。

→〔はり、きゅう、マッサージ等施設利用助成券〕についての詳細は、当院まで。