交通事故施術

交通事故に遭ったら

大切なのは、早期に治療を開始することです。まず、医師のいる一般医院を受診してください。交通事故と体の不調との因果関係を結びつけておくことで、後々、痛みなどが出た場合でも、事故当時の状況までさかのぼることが可能になります。

しかし、医院の治療だけではカバーしきれないところがあるはずです。湿布薬より手技のほうが、ギプスより電気を当てるほうが、それぞれ有効なケースも散見されています。治らないことを我慢せず、何が効果的なのかを検討してみましょう。

代表的な症状

首や腰などの痛み

交通事故などによって衝撃を受けると、頭部が激しく動き、首の頸椎(けいつい)にダメージを与えます。これを一般に「むち打ち損傷」と呼んでいます。症状は、首や腰の筋肉・靭帯の炎症から、神経障害、脊椎そのものに障害がおよぶものまでさまざまです。

付随する自覚症状

頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、首や腰の痛み、コリ、ハリ、手足のしびれやふるえ、脱力感、消化器系統の機能低下、食欲不振など。

外傷とその後遺障害

骨折、脱臼、打撲、捻挫など。
また、それらの治療後に残る、手足の運動障害、関節痛、しびれなど。

アート鍼灸整骨院のこだわり

カウンセリングによって状態をしっかりと把握し、お体に負担がかからないように、やさしく施術していきます。まずは、状態の安定を優先しましょう。そのうえで、関節の動きや筋肉に対してのさまざまな療法を施します。後遺障害が出ないようにするための施術ですが、目標は、事故前の元気なお体に戻すことです。

また、病院で治療中にもかかわらず、症状がなかなか回復されない方のご相談にも応じます。交通事故の損傷はX線撮影に写りにくいため、正確な診断をするのが難しい、という特性があります。ぜひ、保険の効くうちに改善を図りましょう。

事故後から施術までの流れ

1. 事故が起きたら、すぐに警察に連絡し、「事故扱い」にしてください。そのまま放置していると、自賠責や任意保険の適用が受けられないかもしれません。
2. 相手の方の名前、住所、連絡先、保険会社名などを聞いておきましょう。
3. 医師のいる医院で診察を受けてください。
4. 忘れてはならないのが、任意保険会社への連絡です。「アート鍼灸整骨院に通う予定である」と一言添えていただくと、後々の手続きがスムーズになります。

交通事故に遭うと、突然のことで落ち着かなくなったり、怪我の程度にかかわらずパニックを起こしたりと、自分を見失ってしまうことがあります。私たちは、交通事故の施術やリハビリだけでなく、各種保険利用についてのご相談にも応じております。いつでもお気軽にお声がけください。

費用について

自賠責や任意保険の適用が認められれば、原則として「費用の自己負担はなし」となります。被害者側でも加害者側でも同様です。ただし加害者の場合は、一時的に施術費用をご負担いただき、その後、保険から充当される形になります。

また、保険を適用するためにも、警察へ届けて「事故扱い」にすることが大前提です。ただし、保険会社によっては、医師のいる医院以外の治療費負担を認めない場合がございます。事前に、「アート鍼灸整骨院」へ通う旨を相談していただいたたほうが確実です。

あなたに合ったメニューで健康な身体へ

受付時間 10:00~13:00/16:00~21:00 定休日 水曜日、祝日
曜日ごとに時間が異なります。詳しくは院案内をご覧ください。

  • 0434866262
  • top_img09_sp.png
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ